広瀬

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻

 北軽井沢のグルメガイド

■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
  ラ・ルミエール
  蕎麦処『みのり』
  ママーズガーデン
  天さと
  カフェ麦小屋
  バーディー
  珈琲工房須田
  広瀬
  えびまん
  海のマリー
  Bird
  手打ちパスタ ポプラ
  パンカーラ(pankara)
  ルート146
  カフェフルール
  森のパン屋さん
  銀亭(しろがねてい)
  ソニアン
  古瀧庵
  D cafe (Dカフェ)
  喫茶『ハイジ』
  洋食屋・ザンガラ
  ベーコン
  カシュート
  ル・ボスケ
  ゆうゆう
  中華『清徳』
  ル・ボン・ヴィボン (Le Bon Vivant) 
  北軽井沢でバーベキュー

■温泉
■牧場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(北軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

和食処『広瀬』

 何度か、店に入ろうとしたんですが、なんか高そうなために断念した店。それが「広瀬」でした。この広瀬は、北軽井沢バス亭から徒歩1分のところ。つまり地蔵川温泉(地蔵川ホテル)の隣にある店なんですが、店の作りが高級だったために、今まで入りずらく、ず〜っと取材できませんでした。しかし、これではいかん。御客様に貴重な情報を伝えなければと、意を決して店にはいったのデス。
 
 
 恐る恐る店に入った私たちは、店員さんは
「今、座敷がいっぱいなのでテーブルになりますけれどいいですか?」
と言ってきました。こちとら、テーブルだろうが何だろうが、安く食べられれば文句なかったので、テーブルに座ってメニューを開いたわけですが、値段を見て拍子抜けしてしまいました。

「へ? 1000円?」

 こうなると、人間というものは不思議なもので、1000円じゃ、ろくなものは出てこないのではないか?という不安感がおこってきました。やべー、別の意味で失敗したかなと、私は焦ってきたんですが、しかし、店の作りは、どうみても高級そうだし、第一、安岡力也さんみたいな、和食調理人さんが、さかんに腕をふるって作っているので、その様子をみるかぎりにおいては、とても安っぽいものを作っているような感じはしなかったです。第一、奥の厨房ではなく、目の前で、よさげな素材を使って御客様の前で見せているのをみても、1000円の料理が出てくるという雰囲気ではなかったですね。
 
 そして待つこと15分。
 まずは、マグロ丼の登場。
 いや〜参りましたね。
 凄いマグロ丼がでてきました。

 上品な薄味のおでん。
 上品な薄味のうどん。
 そして、本わさび使用のマグロ丼。
「さすが!」
 と思いましたね。
 こう言っちゃ何ですが大当たりでした。
 
 次に登場したのが、豚の生姜焼丼。
 こいつも「おじょうひんな味」でしたね。

 しかしね、豚の生姜焼丼が、お上品な味というのは納得いきませんね。もっと甘辛の荒々しい味でもいいような気がします。これは好きずきというか、好みの問題でしょうけれど、私は『野いちご』の豚丼の方が好きですね。しかし、なんですね。広瀬の豚丼も、一度くらい体験しておくのもいいかもしれませんね。おそらく、お上品な豚丼なんて、日本中さがしても『広瀬』くらいにしかないでしょうからね。というより、そもそも割烹に豚の生姜焼丼なんか置いてないですよ。
 
 そしてカツ重。
 こいつも、「おじょうひんな味」でした。

 しかし、ことカツ重に関しては、おじょうひんな味が、ことの他よかったと思います。肉の柔らかさといい、卵のぐあい、そして、おでん・うどんとの相性といい、文句ないですね。

 天重も、良かったですね。そして、広瀬の料理全般に言えることですが、ここで食べると、なんかリッチな感じがするんですね。店の作りもそうですが、味の繊細さ、安岡力也さんのような店員さんの姿、全てにおいて、他の北軽井沢の店にない香りがします。

 こう言っちゃ何ですが、北軽井沢というところは『田舎』なんです。味に関しては、繊細というより荒々しい店が多いですし、天然素材に頼ったメニューも多いのです。そういう北軽井沢の特色の中で、繊細さを基本に食事を作っている『広瀬』さんという店は、非常に貴重だと思いましたね。 特に塩分などに気をつけている中高年の方などは、下手な店にはいるより
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区