ゆうゆう

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻

 北軽井沢のグルメガイド

■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
  ラ・ルミエール
  蕎麦処『みのり』
  ママーズガーデン
  天さと
  カフェ麦小屋
  バーディー
  珈琲工房須田
  広瀬
  えびまん
  海のマリー
  Bird
  手打ちパスタ ポプラ
  パンカーラ(pankara)
  ルート146
  カフェフルール
  森のパン屋さん
  銀亭(しろがねてい)
  ソニアン
  古瀧庵
  D cafe (Dカフェ)
  喫茶『ハイジ』
  洋食屋・ザンガラ
  ベーコン
  カシュート
  ル・ボスケ
  ゆうゆう
  中華『清徳』
  ル・ボン・ヴィボン (Le Bon Vivant) 
  北軽井沢でバーベキュー

■温泉
■牧場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(北軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

ゆうゆう(北軽井沢)

ブルーベリーから歩いて20分の所にあるカフェレストラン「ゆうゆう」を紹介します。
 
 それはともかくとして、まず、店の内部と内装を紹介しましょう。まず、建物ですが、ログハウス調で文句なしです。このへんはクドクド説明するよりも写真でみた方がいいでしょう。かなり感じが良いですね。また、目の前に池があります。黒い魚群が見えたので、最初は、鯉でも泳いでいるのかなと思ってみていましたが、

『はて? この真冬に鯉が冬眠せずに泳いでいるのはなぜだ?』

と疑問に思って目をこらして確認すると、な、なんと、鱒ではないですか! それもかなり巨大な鱒です。餌をほしがって寄ってくる鱒です。獰猛というか、腹を空かしているというか、こんなに人なつっこい鱒を見たのははじめてですね。いや〜驚きました。
 

 そして、ふと見上げると、なんと、雄大な浅間山が見えます。下の写真を見てください。こんなロケーションが望めるのです。窓の外には浅間山。テラスには池。のんびりくつろぎたい人におすすめのお店なんですが、実は、そうは問屋がおろさなかったりする。後で述べますが、(ちょっと親父がはいった)ママが、面白いからです。
 しかし、内装は、ほんとうにセンスがいいです。自然との調和がとれています。例えば、店のテラスの床から、木が伸びているのですが、木と店を調和させていながら、鱒の泳ぐ池とセットになって、私たちに美しい風景を楽しませてくれるんですね。
  
 しかも、外には、けだるそうなワンちゃんいます。



「これは、なんていう犬ですか?」
「その子は、群馬犬!」

 な〜んや、それ!
 血統証つきだって?
 1匹しかおらん群馬犬の血統証つきかい?
 ちなみに、ここのメニューは4品。
 たったの4つしかありません!
 な〜んや、それ!
 そんな店、聞いたこと無いぞ。

「どうして4つしかないんですか?」
「いっぱいあると、忙しくててがまわらんのね」
「値段も、4品、全部同じなんですけれど・・・・」
「計算べんりでしょ?」

 な〜んや、それ!
 これを聞いた時点で、私のワクワク度はかなり高まりました。
 なんか、とんでもないものが出てくる気がしました。
 ちなみにメニューは

カレー+コーヒー850円
ハンバーグ+コーヒー850円
メンチカツ+コーヒー850円
生姜焼+コーヒー850円

 どれも北軽井沢に似合わない庶民的なものばかりです。

 で、でかい・・・・。
 そ、それに小鉢が多い。
 カレーにサラダはいいとして、なぜ、花豆・切り干し大根・漬け物がでてくるんだろうと、思ってましたら、これは本日のサービスなんだそうです。ちなみに味は、かなり、いい味が出ていました。

 こいつも、でかい。
 おそらく私の人生に置いて、見たことのある最大級のメンチカツでしょう。
 自家製でなければありえないサイズですね。

 キャベツも多い・・・・。
 味も、ジューシーなかなか良かったです。
 しかし、でかかったなあ〜。
 
ハンバーグは、常識的なサイズでした。それをうっかり口走ると
「しかし、御飯は5杯までは無料よ」
とママさんが言います。ギャグなのかなと思って笑っていると、本当に御飯のおかわりをもってきました。

 生姜焼もでかかったです。
 味も良かったです。
 一番のおすすめ料理かもしれません。


「水が欲しいな・・・・」
「はい、お水ね」

と、手に持ってくるのは高級シャンパン・ドンペリ。「ゆうゆう」の水はドンペリのボトルで出てくる! ぜひ、ドンペリ水を試しに行ってみては?

 それにしても、ここのママは、北軽井沢の中でも、かなり個性があります。ぜひ、行ってみてほしい店ですね。値段といい、味と言い、ママの個性と言い、文句なしの店だと思います。群馬犬と鱒のいる池も楽しいですよ。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区