浅間山熔岩樹型群落

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 嬬恋村・浅間高原・湯ノ丸・鹿沢観光ガイド
■観光
  中居屋重兵衛の碑と生家
  阿弥陀堂 (阿弥陀堂だより)
  南木佳士が育った街 (三原)
  大前神社
  大笹の関所
  パノラマライン
  浅間山熔岩樹型群落
  群馬坂林道・しゃくなげ園
  桟敷山林道
  鹿沢ゆり園
  鹿沢園地
  たまだれの滝
  雪山讃歌の碑
  百体観音
  湯の丸高原レンゲツツジ群落
  湯の丸自然学習センター
  車坂峠
  高峰高原自然観察センター

■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(浅間高原)
リンク
トップページへ戻る

浅間山熔岩樹型群落

 国指定特別天然記念物の浅間山溶岩樹型群は、天明3年の火山活動で流出した溶岩で形成された。樹型は直径50センチ〜200センチ、深さ3〜7メートルにも達し、この指定地域に約500ヶ所確認されている。
 溶岩樹型とは、樹木の発育が良好な森林地帯で、粘性に富んだ溶岩が樹木を取り囲み、溶岩が冷えて固まったあとで、樹幹の型が井戸のような形になって残ったもの。溶岩のいたずらでできた穴である。中には、ヒカリゴケが自生するものもある。溶岩樹型を持つ特殊な地形は世界的にも珍しく、富士山の鳴沢溶岩樹型とともに学術的価値が高い。
 非常に珍しいもので是非とも見ておきたい。場所はキャベツ畑の奥。素晴らしい林の中にある。非常にわかりにくい場所にあるために詳しい場所は、北軽井沢ブルーベリーYGHで確認すること。

このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区