嬬恋村・浅間高原・湯ノ丸・鹿沢の温泉

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 嬬恋村・浅間高原・湯ノ丸・鹿沢観光ガイド
■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
  グリーンプラザ・あさまの湯・足湯
  岩盤浴つつじの湯
  鹿沢温泉・新鹿沢温泉の歴史
  紅葉館
  鹿鳴館
  鹿の湯つちや
  鹿沢館
  ホテル鹿沢 真田屋
  休暇村鹿沢高原
  高峰温泉
  半出来温泉登喜和荘
  つま恋温泉(山田屋温泉旅館)
  嬬恋温泉(つまごい館)
  平治温泉(逢友荘)
  平治温泉(笹の湯)

■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(浅間高原)
リンク
トップページへ戻る

鹿沢温泉・新鹿沢温泉
 群馬県の最西端、田代地区の湯尻川沿いにある鹿沢温泉と新鹿沢温泉。鹿沢温泉郷の源泉でもある鹿沢温泉は、標高1600メートルの湯の丸山の麓、湯尻川に望む清らかな雰囲気の山のいて湯。
 国指定天然記念物の「湯の丸レンゲツツジの大群落」にほど近く、カラマツの美しい森に包まれた静けさが魅力のひとつといえます。渓谷美もすばらしく、特に新緑と紅葉のころが最高。泉質は含主類重曹泉で、胃腸病や冷え症、神経痛などに効果があります。大正八年に、鹿沢温泉より源泉を引いて誕生したのが新鹿沢温泉。
紅葉館
 日本秘湯の会にも入っている「紅葉館」。かけ流し天然温泉らしく浴槽には湯ノ花。「日本秘湯の会」にも入っているだけあって、古くて味わいのある温泉です。源泉を飲むこともできます。ここは、「雪山賛歌」発祥の地で、嬬恋村は正午になると、村中にこのメロディーが流れます。この曲を作曲したのは、初代の南極探検隊長になった西堀栄三郎氏で、昭和の初めに山仲間とこの紅葉館に来て、吹雪に閉じ込められました。そのとき、退屈しのぎに仲間と「雪山賛歌」を作詞したそうです。
鹿鳴館
rokumeikan-5.JPG 鹿沢でも一番新しくてきれいな温泉。木の香りがのこっている。露天風呂が最高に気持ちが良い。これで600円は、安すいと感じる。混雑期は、人気で入れないこともある。鹿沢温泉の開湯伝説は、元禄年間に、鹿が傷を癒している所を発見したとされております。鹿鳴館の名もこれに因んでいるようです。鹿鳴館という名前は、そこからとっている。
高峰温泉
ランプの灯りで入浴できる温泉。鳥やリスやタヌキが窓から見えたりする。浅間山の西・標高2000mにひっそりたたずむ秘湯。木の香りただよう檜の風呂。ランプの光がほのかにけむるランプの湯。眼下の高峰渓谷が美しい。近くの車坂峠からは、晴れた日には、大パノラマが展開。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区