中山道・碓氷峠ハイキング

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 旧軽井沢の自然・ハイキング
■観光
■自然・ハイキング
  中山道・碓氷峠
  碓氷・霧積林道
  鼻曲山
  愛宕山・オルガンロック
  雲場池
  離山
  信濃路自然歩道
  竜返の滝
  白糸の滝
  小瀬〜星野温泉
  草軽電鉄廃線の道

■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(旧軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

中山道・碓氷峠

碓氷峠は、標高は約960m。古代には碓氷坂、宇須比坂、碓日坂などといい、中世には臼井峠、臼居峠とも表記されました。古来より坂東と信濃国をつなぐ道として使われてきましたが、難所としても有名でした。
shiru-36.JPG
 平安時代前期から中期頃の坂東では、武装した富豪百姓層が国家支配に抵抗し、国家への進納物を横領したり略奪する動きが活発化しました。これら富豪百姓層を「群盗」と見なした国家は、その取締りのため昌泰二年(899年)に碓氷坂と足柄坂へ関所を設置しました。

 中世には碓氷峠付近の主要道は現在の峠を通るようになりました。この峠には熊野皇大神社(碓氷峠熊野神社)があり、同神社正応五年4月8日(1292年5月3日)紀の鐘銘から、この頃までには峠道が開設されていたといわれます。
shiru-38.JPG
 応永30年(1423年)の国人一揆や永享12年(1440年)の結城合戦では、碓氷峠は信州からの侵攻を防ぐ要衝となっていました。永禄四年(1561年)に長尾景虎が小田原城の後北条氏を攻めた際に武田信玄が笛吹峠に出陣し、信玄は碓氷峠からの進出をその後数回にわたって行い、永禄九年(1566年)には箕輪城の攻略に成功して上野国へ進出しました。天正18年(1590年)の小田原征伐の際、豊臣秀吉は前田利家らの北国勢を碓氷峠から進軍させています。

 江戸時代には中仙道が五街道のひとつとして整備され、旧碓氷峠ルートが本道とされました。碓氷峠は、関東と信濃国や北陸とを結ぶ重要な場所と位置づけられ、峠の江戸側に関所(坂本関)が置かれて厳しい取締りが行われました。峠の前後には坂本宿・軽井沢宿が置かれています。

 天明三年(1783年)の浅間山噴火では三尺(90センチメートル)以上の砂が積もり、碓氷峠往還は八日間にわたって通行不可能になっています。碓氷峠は中仙道有数の難所であったため、幕末の文久元年(1861年)に和宮が徳川家茂に嫁ぐために中山道を通ることが決まった際に一部区間で大工事が行われ、和宮道と呼ばれる多少平易な別ルートが開拓されました。なお、約三万人の和宮一行は同年11月9日(1861年12月10日)に軽井沢を発って碓氷峠を越え、翌10日(1861年12月11日)に横川に宿泊しています。


碓氷峠越えの風景

shiru-30.JPG

柱状節理。
節理とは、岩体に発達した規則性のある割れ目のうち、両側にずれの見られないものをいいます。マグマが冷却固結する際や地殻変動の際に生じます。岩体が柱状になった節理。六角柱状のものが多いが、五角柱状や四角柱状のものもあります。東尋坊(福井県、国指定天然記念物)、層雲峡(北海道)なんかがそうですね。

shiru-31.JPG

ここは昔、茶屋が4軒あったところです。
今は礎石と墓と井戸が残されているだけですね。

shiru-34.JPG
shiru-33.JPG
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区