くんぺい童話館

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 旧軽井沢の自然・ハイキング
■観光
■自然・ハイキング
■スポーツ・アウトドア
■グルメ
  しげの屋
  くんぺい童話館
  万平ホテル・カフェテラス
  はちみつソフト(杉養蜂園)
  フランスベーカリー
  ブランジェ浅野屋
  ミカドコーヒー
  茜屋コーヒー
  Paomuぱおむ
  ちもと
  ハルピン料理『小恵会館』
  トラットリア・ラ・カンティーナ
  びすとろ パナッシェ
  ビストロパッション
  BOBOS (ボボス・旧軽)
  わかどり(テニスコート通)
  作りたてジェラート(リビスコ)
  鳥勝
  三代目なべやつる吉
  グランカフェ・ローザ
  CHAY HANE チャイハネ
  テラスメイ
  カフェ・ラフィネ Cafe Raffine
  恵みシャレー(雲場池)
  トラットリア プリモ(primo)

■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(旧軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

くんぺい童話館

長野県北佐久郡軽井沢町三笠
0267-42-1307
500円から
http://www.kunpei.com/

 童話作家として多くの人に親しまれた東君平さんに関連した店。東英子夫人が、君平の没後、美術館くんぺい童話館を設立、自らが館長をつとめています。著書に「くんぺい童話館物語」(河出出版)があります。 以前は、喫茶店だったような気がするのですが、いまは、すっかり茶店風になっていました。


東君平

東 君平(ひがし くんぺい)は、兵庫県神戸市出身。医師の子として生まれながらも、父の逝去と破産で家族は散り散りになり、不幸な子供時代を過ごします。何不自由なく生活してきた少年には、それは辛い生活だったといいます。働きながら中学へ通い、鰹節工場の手伝い、蒔き割り、鶏糞の俵担ぎ、何でもやりました。

 昭和30年。中学を卒業後、母や兄を頼って、家出同然に上京。そして熱海の写真屋で住み込みで働きます。そして職業を転々としながらお茶の水美術学院で絵の勉強を続け、谷内六郎と出会い、彼の後押しで童話のイラストレーターとしてデビュー。その後、童話作家に転じます。中学・高校は転入学を繰り返した後、23歳で盈進高等学校を卒業。

 代表作に『のぼるはがんばる』、『くんぺい魔法ばなし』や『おはようどうわ』のシリーズがあります。将棋観戦記者の東公平は兄であり、フリージャーナリストの東晋平は甥にあたります。また、英子夫人は作家でミュージシャンの辻仁成の母と従姉妹にあたります。娘・東菜奈も同じく絵本作家。肺炎のために亡くなったのは昭和61年12月3日。46歳。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区