歴史民俗資料館

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 新軽井沢観光ガイド
■観光
  ボヘミアンガラス美術館
  軽井沢ガラス工芸館
  軽井沢型絵染美術館
  小さな美術館軽井沢草花館
  FM軽井沢
  軽井沢ブライダル情報センター
  軽井沢外人墓地
  軽井沢友愛山荘
  軽井沢大賀ホール
  矢ヶ崎公園
  駅舎記念館
  軽井沢駅
  草軽交通
  市村記念館
  歴史民俗資料館
  軽井沢図書館
  軽井沢現代美術館
  軽井沢・プリンスショッピングプラザ

■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(新軽井沢)
リンク
トップページへ戻る

歴史民俗資料館



 縄文時代の石器や、東山道・中山道の宿場の歴史など、道の文化史に関する資料と、明治以後の別荘地としての発展を紹介する資料、高冷地のくらしを支えた生活道具などの資料を保存・公開している施設です。特に『道』というテーマに絞って、軽井沢という土地の解説がしてあります。

軽井沢歴史民俗資料館 軽井沢歴史民俗資料館 

 江戸時代、軽井沢は中山道の一宿として開かれました。この中山道は、意外にも多くの人々に利用されていますが、その理由は、東海道が雨などで何日も川止めになるのに対し、中山道には、そういう可能性が少なかったからです。台風シーズンに「川止め」が多い東海道に代わって中山道が活躍したわけです。また、東海道に次いで参勤交代の大名行列の多いのも、中山道でした。「お道具は尾張様、行列は加賀様」というような言葉も伝わっており、百万石の行列は、軽井沢から追分まで続いたといわれます。
軽井沢歴史民俗資料館 軽井沢歴史民俗資料館
 しかし、明治の時代になると、街道を往来する旅人も年々少なくなり、衰退の一途をたどります。そして明治17年碓氷新道(現在の国道旧18号線)の開通によって中山道沿いの旧宿場町は決定的な打撃を受け、明治26年 (1893) に鉄道が開通し(上野〜直江津間)、この辺を歩く人はたちまち一人もいなくなりました。
軽井沢歴史民俗資料館 軽井沢歴史民俗資料館
 そして寂れて消えゆく軽井沢を救った人が現れます。アレキサンダー・クロフト・ショーです。




 〒389-0111
北佐久郡軽井沢町大字長倉2112-101
TEL・FAX 0267-42-6334
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区