真楽寺

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 御代田町の観光ガイド
■信濃追分の観光
■御代田の観光
  軽井沢大橋
  メルシャン美術館
  メルシャンウイスキー工場
  縄文ミュージアム
  御代田図書館
  御代田町の一里塚
  小田井宿
  雪窓公園
  真楽寺
  石尊山
  赤滝(血の滝)
  大谷地鉱泉
  エルミタージュ・ドゥ・タムラ
  そば処 やまゆり
  ショコラ
  そば処 石尊

■小諸市の観光
■東御市の観光
■佐久の観光(岩村田地区)
■佐久の観光(臼田地区)
■佐久の観光(浅科地区)
■佐久の観光(望月地区)
サイトマップ(総合)
サイトマップ(信濃追分)
リンク
トップページへ戻る

真楽寺

 奈良時代、浅間山噴火沈静の祈祷所として建立されたとつたわる真楽寺では、境内の大沼の池で甲賀三郎の伝統にもとづく竜神まつりをおこなっています。境内には厄除観音・三重の塔・子育て地蔵があり、また、「むすぶよりはや歯にしみる清水かな」と刻まれた芭蕉句碑、樹齢千年余の神台杉など香り高い歴史にふれることができます。




御代田町塩野142
0267-32-2056



甲賀三郎伝説

 浅間山の麓に住んでいた甲賀三郎はが兄二人に騙され蓼科山の深い穴へと落とされてしまいました。地底をさまよい歩いた三郎は一筋の光を見つけ懐かしい地上へと頭を出しました。そこが真楽寺の大沼の池です。自分の姿を水面に映すと龍にと変わっていました。龍に変わった三郎は愛する妻を探していました。一方三郎の妻も三郎を探し求め諏訪湖に身を投じて龍になっていたのです。それを知った三郎は喜び勇んで諏訪湖に行き妻と巡り合って湖の中で仲睦まじく暮らしました。


甲賀三郎

  三郎は、近江国の甲賀の村で太郎・次郎の2人の兄とともに鹿狩りをしてくらしていましたが、あるとき山の神が姿をかえた大蛇とあい、これを殺してしまいます。これをおこった兄たちのたくらみで谷底におとされた三郎は、地底をさまよい、さまざまな試練をのりこえたすえ、信濃国にはいだし、のち諏訪明神としてまつられます。

 諏訪信仰の流布とともに、滋賀県や長野県を中心に、各地につたえられました。兄弟のうち末子が成功をとげる話の筋や、地底などの異郷をたずねるモチーフは、昔話や神話によくみられる要素です。また、狩猟を生業とする主人公や、鹿のモチーフが話の各所にみられる点は、狩りや獣のささげ物をこのむ神として狩猟民に信仰された諏訪神社の性格を反映しています。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区