熊四郎岩

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 万座温泉地区の観光ガイド
■万座温泉地区の観光
  万座ハイウエイ
  嬬恋牧場
  弦ヶ池
  熊池
  万座の空吹き
  牛池
  熊四郎岩
  毛無峠
  破風岳
  小串鉱山
  万座温泉・湯畑
  湯の花旅館
  サルノコシカケ湯・サルノコシカケ茶
  豊国館
  万座高原ロッジ
  万座プリンスホテル
  万座温泉ホテル
  万座温泉聚楽
  万座温泉コマクサ祭り
  表万座スキー場
  万座スキー場

■白根山地区の観光
■バラギ高原の観光
■菅平高原の観光
■真田地区の観光

サイトマップ(総合)
サイトマップ(万座・白根・バラギ)
リンク
トップページへ戻る

熊四郎岩


 万座薬師堂の北方にある熊四郎岩窟からの矢の根石などの出土品によって、温泉の利用は先史時代にはすでに行われていたという確証は得られています。ここは先史時代の住居跡で、ある狩人がここに野宿して一夜、熊と白という二匹の愛犬に危難を救われたためにつけられた名称であるといわれ、また一説には狩人の熊四郎がこの温泉を発見したため、付近一帯を熊四郎山と呼ばれるようになったとも伝わっています。 このことから古代人がこの温泉を発見し、利用したことは疑いのない事実でしょう。石器時代から歴史時代、さらに現代人のハイキングに至るまで、この岩窟は万座温泉を愛する旅人にとって、最も古い旅館だったということになります。


 熊四郎という名は、ある狩人がここに野宿し、その晩、熊、白という2匹の愛犬に危険なところを救われたのでついた。また一説には万座の麓にある門貝の狩人熊四郎がこの温泉を発見したために、付近一帯を熊四郎山と呼ぶようになったとも伝えられています。岩質は石英粗面石とみられ、洞窟内部の成因は自然石で、硫黄分を侵出する酸性の水分にむしばまれ、剥がれすい岩壁が崩れて長い年月の間に形成したと考えられます。

 この近くの地域で石器時代の遺物が発見されていることから、この洞窟を先史時代の人々が利用していたのではないかと考えられ、荻原進氏より発掘調査が行われました。その結果、嬬恋村には数少ない弥生式土器が発見され、万座温泉が先史時代からのものであったことを証明する遺跡であるとされています。
(嬬恋村教育委員会)


万座温泉の湯畑から、遊歩道が山頂付近まで続いています。
熊四郎洞窟まで10分くらい。
このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

関連サイト
軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区