唐沢の滝&岩陰遺跡

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 菅平高原観光ガイド
■万座温泉地区の観光
■白根山地区の観光
■バラギ高原の観光
■菅平高原の観光
  根子岳
  四阿山・菅平ルート
  ダボスの丘・菅平牧場ハイキング
  菅平牧場
  菅平湿原
  唐沢の滝
  筑波大学実験センター・樹木園
  菅平高原自然館
  電気通信大学 菅平宇宙電波観測所
  菅平薬草栽培試験地
  菅平高原スキー場
  あずまや温泉
  渋沢温泉

■真田地区の観光

サイトマップ(総合)
サイトマップ(万座・白根・バラギ)
リンク
軽井沢観光ガイドのトップへ戻る

唐沢の滝&岩陰遺跡


 唐沢の滝は国道406号線沿いで菅平湖と菅平の中心街との間くらいの所にあります。高さ約15m、幅約10mの唐沢の滝は、遊歩道を少し歩けばすぐ目の前で見ることができます。そばに岩陰遺跡があります。

落差15m
〒399-2222長野県小県郡真田町菅平高原




岩陰遺跡

菅平の集落に入る手前で、右手に見えるのが唐沢の滝で、この滝のすぐ隣に唐沢岩陰遺跡があります。大洞川と唐沢川の合流点に近い、標高約1、200mに位置する大きな岩陰に、縄文から古墳時代の人々の生活の痕跡が残っていました。岩陰の大きさは間口幅約15m、奥行き約2m、高さは約3mあります。
 地元菅平の小宮山茂樹氏らが岩陰から土器や石器を採集し、古くからの遺跡であることが知られていました。昭和38年(1963)に国学院大学の永峯光一氏、樋口昇一氏が中心となって発掘調査を行い、たくさんの弥生土器のほか、縄文土器や石器、また、内陸部では出土例が少ない骨角器(骨や角、牙で作ったやじりなど)が出土し、当時、全国的にも注目された遺跡です。



軽井沢を中心とした地域の案内ページです。古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光ガイド軽井沢でスノーシュー北軽井沢物語北軽井沢のユースホステル北軽井沢の散歩道