池の平湿原

北部地区 西上州 軽井沢地区 西部地区 その他
北軽井沢 浅間・嬬恋 碓井・横川 旧軽井沢 軽井沢駅 南軽井沢 中軽井沢 信濃追分 万座・白根 草津・吾妻
 嬬恋村・浅間高原・湯ノ丸・鹿沢観光ガイド
■観光
■自然・ハイキング
  シャクナゲ園
  浅間山新ルート
  村上山
  桟敷山
  小桟敷山
  鍋蓋山
  角間山
  湯の丸山
  烏帽子山
  池の平湿原
  篭ノ登山
  水ノ塔山
  高峰山
  黒斑山・蛇骨岳
  浅間山 (前掛山)

■スポーツ・アウトドア
■グルメ
■温泉
■牧場・農場

サイトマップ(総合)
サイトマップ(浅間高原)
リンク
トップページへ戻る

池の平湿原

 池の平湿原は、北軽井沢ブルーベリーYGHから車で約50分。高峰高原と湯の丸高原の中間にあります。標高2000m、数万年前の三方ヶ峰火山の火口原に広がる高層湿原です。池の平周辺の浅間山麓一帯は、温暖な里山から、一気に標高2000m超の山頂へと急峻な地形になっています。内陸性気候ということから昼夜の気温差、年間の気温差がとても大きい特色ある気候条件にあります。

 そのため里山に生息する動植物から、本来ならば3000m級山岳地帯に見られる高山性の動植物までが、この狭い一帯に混在しているのです。そのような特有な環境が、池の平湿原を”高山植物の宝庫にしてくれました。
池の平湿原
 6月はイワカガミ、ハクサンシャクナゲ、7月にはレンゲツツジ、アヤメの大群落、8月〜9月にはヤナギラン、マツムシソウ、リンドウなどの草花が咲きほこります。見晴岳、三方ヶ峰の南斜面には、”高山植物の女王 コマクサ”の群落(6月下旬〜7月)も見られます。また、ウメバチソウ、ワタスゲなどの湿性植物の観察できます。

 野生動物も、オコジョ、ニホンカモシカ、ノスリ、などが生息し、木々の間には多くの野鳥がさえずり、また花を求めて集まるベニヒカゲやミヤマモンキチョウ、ミヤマシロチョウなどの貴重な高山蝶も見られます。

 さて、おめあての池の平湿原は、駐車場から多少下ったところにあります。降りてすぐのところに分岐があります。木道のコースと、岩場のコースに分かれます。おすすめは岩場のコースの方で、こちらの方が、花がおおいのです。

 池の平にも、コマクサが咲いていました。こちらは淡いピンク色ですね。 こんな風景に、澄んだ鳥の声や心地よい森林の香り、ひんやりした空気が感じられます。霧の中にコマクサが、静かに咲いている様子は、なんとも幻想的でした。 しばらく、見とれてしまった風景です。
池ノ平湿原 コマクサ
 それでは、木道を歩いてみましょう。 歩いている間に、心身ともに癒されます。霧の中もまたいいですね。霧が晴れたので、今のうちにと写真撮影。  木のこずえに鳥がとまっているのが見えました。鳴き声から、ホトトギスのようです。実際に見られると嬉しいですね。
 「花もいっぱい見れて、のんびり歩けて、あーリラックスできました」と皆さん、池の平の散策を堪能されたようです。喜んでいただけてよかったです。ここは紅葉シーズンにも、とてもいいコースなので、おすすめです。

このサイトは、北軽井沢ブルーベリーYGHが、趣味で制作している軽井沢からを中心とした地域の案内ページです。
古い情報もありますので、かならず御確認のうえ、ご利用ください。
なお観光情報に関するお問い合わせは、受け付けておりません。
各自で、直接、各施設や観光協会などに問い合わせてください。


群馬県吾妻郡嬬恋村鎌原1506-12 北軽井沢ブルーベリーYGHユースホステル     |トップページへリンクサイトマップ(総合)
北軽井沢ブルーベリーYGHの体験プログラム・ツアーについて

軽井沢グルメガイド北軽井沢観光北軽井沢物語軽井沢日記(ブログ)スノーシュー入門北軽井沢の散歩道信濃追分観光御代田観光小諸市観光東御市観光佐久岩村田佐久臼田佐久浅科佐久望月草津温泉六合村吾妻渓谷倉渕榛名高原万座温泉白根山バラギ高原菅平高原真田地区